社会への関心度の高まり

女性の大学進学率が上昇していることを聞くと、これからの時代世の中が女子の力で満ち溢れていくことが思い浮かびます。世の中が女性の労働力を必要としていることを感じ取り、女性の社会への関心度の高さを改めて実感します。
新卒で希望に適う企業に入社した女性は、大卒の学歴が今後の社会生活に有利に働くことを期待していることでしょう。その学歴がお守りのように感じられても不思議ではなくて、自分を象徴させていくものだと思っているかもしれません。ともすれば新卒一直線で定年まで働き通そうとする気持ちになり、自分が選んだ道を貫いていくことを肝に銘じるのです。大学で培った知識をを発揮しようとする想いで溢れていて、社会に強く働き掛けていく程の女性になることを目標にしているのです。
大学で勉強している女子大生は、女性の大学進学率の高さは自分にも関与していることを肌身に感じていることでしょう。自分の他にも大学進学で頑張ってきた学生が沢山居ることを想像しただけでも、闘争本能が喚起されます。まるで男性が出世を巡って激しく戦っているような、強さが女性にも秘められいることが窺えるのです。自分のような優秀な人間スペックを有しているならば男性にも負けない自信があるという強気な方もいらっしゃるでしょう。仕事ができるスキルはもちろん、男性にはない持ち前の女子力の高さを活かして、競争社会に打ち勝とうとするのです。男性に持っていない女性ならではの特長を活かした働き方ができれば、右に出るものはいないといっても過言ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です